マタニティ

妊娠中の浮腫や肌荒れがひどい?妊婦さんのマイナートラブル対策と体験談

個人差はあれど、妊娠中は様々な体調の変化に直面する機会が多くなると思います。ホルモンの影響をはじめ、妊娠に伴う生理的な現象によるところが大きいですが、対策を施すことで症状を少しでも軽減できたら嬉しいですよね。

  • 妊娠中はむくみやすい?
  • 妊娠中のむくみ対策は?
  • 妊娠中は肌トラブルが増える?
  • 妊娠中の肌トラブル対策は?

今回は、理学療法士の私が妊娠中のむくみ対策肌トラブル対策について、自身の経験を交えながら詳しく解説したいと思います。

妊婦さんが足をつる原因は?ずっと痛いのはなぜ?こむら返り対策と体験談妊婦さんの約半分が経験すると言われている「こむら返り」。自分の意思とは関係なく突然走る強い痛みを防ぐ方法はあるのでしょうか。こむら返りの原因や対策を、分かりやすく解説しました。...

妊娠中のむくみの原因

妊娠中は足のむくみに悩む女性も少なくありません。重だるさや疲労感、悪化すると痛みにまで発展するむくみですが、一人でも簡単にできるホームケアの方法もあります。

ホルモンバランスの変化

妊娠中は、多量に分泌される女性ホルモン(プロゲステロン)の影響で、皮下組織に水分が溜まりやすくなります。

プロゲステロンの分泌が増えると、むくみやすくなるだけでなく、眠くなったり、情緒不安定になったりもします。ホルモンの影響は侮れないですね。

子宮による静脈の圧迫

赤ちゃんが成長し、子宮が大きくなることで、脚の付け根にある下大静脈を圧迫するようになります。その結果、下肢から心臓に戻る血液の流れが滞り、足がむくみやすくなるといわれています。

運動不足

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれています。ふくらはぎの筋肉が収縮を繰り返すことにより、ポンプのような役割を果たして血液を心臓へと戻すサポートをしています。

そのため、妊娠前よりも日々の活動量が減り、ふくらはぎの筋肉が使われなくなると、ポンプ作用が働かずにむくみやすくなります。

食生活の影響

塩分の摂り過ぎがむくみを引き起こすということは広く知れ渡っていると思います。妊娠高血圧症候群の予防のためにも、塩分の摂取量には気をつけている妊婦さんが多いでしょう。

しかし、むくみの原因になり得るのは塩分だけではありません。

たとえば、糖質は1gにつき、3〜4g程度の水分を保有する性質を持っています。産休に入り活動量(運動量)が減る中、糖質中心の間食が増えてしまったりすると、当然むくみやすくなります。

また、血管内外の水分量を調節するたんぱく質や、利尿作用のあるカリウムが不足することで、浮腫の原因になるともいわれています。

妊娠中のむくみ対策

プロゲステロンは妊娠を維持する上で欠かせないホルモンです。ホルモン分泌の変化に関しては、生理的な現象ですので「妊娠が順調な証」と思って納得するしかありませんが、それ以外の原因に関しては症状を軽減できる可能性があります。

適度な運動

お腹が大きく重くなってくると、身体を動かすのが億劫になりがちです。特に産休に入ると、活動量が極端に減る女性も多いのではないでしょうか。

運動といっても、特別なことをする必要はありません。体調が良い時に歩いて買い出しに行ったり、自宅でストレッチをしたりと、身体の関節を動かし、筋肉を伸び縮みさせてあげることで、体内の循環を良くしてあげましょう。

妊婦さんのスポーツジム通いTOP
妊婦さんのスポーツジム通いはOK?妊娠中の運動不足を解消しよう妊娠中の運動不足を解消するためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?妊婦さんがスポーツジムを利用する上での注意点や、妊娠中に運動することのメリットなどを分かりやすく解説します。...

バランスの良い食事

塩分過多、糖質過多にはなっていないでしょうか。三度の食事と間食の内容を見直し、栄養バランスを整えてあげましょう。

また、体重の急激な増加も下肢に負担をかけます。神経質になる必要はありませんが、定期的に体重をチェックするようにしましょう。

妊娠中の理想的な体重増加TOP
妊娠中の体重増加はいつから?体重管理に役立つ【月別】の目安と内訳妊娠中の体重管理に役立つ【月別】の目安・内訳をまとめました。妊娠発覚後、体重増加はいつからどのようなペースで起こるのでしょうか。妊娠中の栄養や運動についても解説します。...

締めつけない服装

きつめの下着や衣類、靴などは血行不良の原因になり得ます。ゆったりとした服や、履き心地の良い靴を選びましょう。

お腹が大きくなり体型が明らかに変化する頃には、マタニティウエアが便利です。私が愛用していたスウィートマミーは、スタイルを良く見せてくれるデザインが豊富で仕事にもプライベートにも活躍してくれました。

授乳口が付いていたり、ウエストを調整できたりと、産後も長く着用できるのでコスパも良いですね。

出産入院用のパジャマが特に人気のようですね。レビュー記事も書いているので、参考になれば幸いです。定期的にセールも開催されているので、是非チェックしてみてください。

\大人可愛いマタニティウエア/
スウィートマミーはこちら
▼ ▼ ▼

足を下ろして座り続けない

長時間の立ちっぱなし・座りっぱなしは、足のむくみを助長させます。自宅で休憩するときは、足を少し高めにして休むなど、体勢を工夫しましょう。

セルフマッサージ

妊娠中は、妊娠前よりも肌が乾燥しやすくなります。クリームやオイルなどの保湿剤を塗布する際に、リンパの流れに沿ってマッサージをしてみましょう。

マッサージの際は、上の図で示した各「リンパ節」に向けて、やさしく流すように行うといいでしょう。

むくみだけでなく、血圧の上昇やたんぱく尿などがあれば、妊娠高血圧症の疑いもあります。妊婦健診でチェックされる内容ですが、気になることがあれば医師に相談しましょう。


妊娠中の肌トラブル

妊娠中は、乾燥やかゆみ、肌荒れやシミ・そばかすなど、肌のトラブルも多くなります。

肌トラブルの主な原因

  • 妊娠すると、皮脂分泌を促進する男性ホルモンの分泌が低下することで、肌が乾燥しやすい状態になる。
  • 妊娠して体重が増えたり、お腹が大きくなったりすると、その分皮膚組織が伸ばされる。皮膚がそれについていけなくなると、皮下組織に亀裂が生じることで、妊娠線ができてしまう。
  • 妊娠による姿勢の変化、運動量の低下、ホルモンバランスの変化により、血行不良が生じると、皮膚への栄養が行き渡らず、肌のターンオーバーが乱れがちになる。
  • 妊娠するとメラニン色素が増えるため、シミやそばかすができやすくなる。

妊娠中の肌トラブル対策

フェイシャルケアにも妊娠線予防にも、とにかく重要なのが徹底的な保湿と紫外線対策です。

皮膚科医や産科医の友人知人に相談しても、みなさん口を揃えて「保湿!」と答えてくれました。妊娠線には個人差もありますが、保湿が有効であることは間違いがなさそうです。

妊娠中の保湿ケア

私は妊娠前から乾燥しやすい肌質だったので、妊娠してからはさらにケアを頑張るようになりました。

結果的に妊娠線はできずに済みましたが、全身の保湿にクリームを使い、お腹と太もも周辺にはオイルを重ね付けしていたのが良かった気がします。そこで、私の体験をもとにおすすめのアイテムを紹介したいと思います。

私のおすすめ「バイオイル」Bioil

妊娠線予防のために私が愛用していたのは、海外で大人気のBioil(バイオイル)です。キズあとの保湿剤として有名ですが、妊娠線予防にも、妊娠線ができてしまったあとの保湿にも使用できます。

オイルなのにベタつかず、さらっとした使い心地。よくのびるので、少量でも広範囲の保湿が可能です。

私のおすすめ「ノコア」NOCOR

妊娠線予防にも、できてしまった妊娠線対策にも定評のあるボディクリームです。妊娠線ケア部門では楽天ランキング1位、モンドセレクション金賞を5年連続受賞と、そのクオリティはお墨付き。アットコスメを見ても、購入者からの評判は上々ですね。

クリームは固めですが、のびが良く全身に使いやすいです。ベタつきは少ないのに、保湿力は抜群で肌が柔らかくなるような気がしますね。私の周りでも愛用しているママが多いです。人気と実力を兼ね揃えた安心のアイテムですね。

大手通販サイトからも注文可能ですが、公式ページではおトクなキャンペーンも開催しており、どこよりも安く購入できます。

期間的な縛りがあるけど最安値
最もおトクな定期便はこちら
▼ ▼ ▼

NOCOR

ブースター(導入オイル)が無料で付いてくる3ヶ月集中ケアキャンペーンも開催されています。個人的に一番おすすめのセットです!

一回からでもOK!まずはお試し
即時解約可能な安心定期便はこちら
▼ ▼ ▼

NOCOR

特別価格でありながら、いつでも解約できる安心の定期便です。まずはお試ししたいという人にはぴったり!

妊娠線の予防には、早め早めの対策が大切です。お腹が大きくなる前の妊娠初期から丁寧に保湿を行い、皮膚に潤いと柔軟性を持たせてあげましょう。

全身のストレッチ

お腹が大きくなってくると可動域が小さくなってしまいますが、可能な範囲で呼吸を大切にしながらストレッチをしましょう。

早期から身体の柔軟性を高めてあげることで、皮膚の伸びも、血行も良くなります。

紫外線対策

日光に対する過敏性が高まる妊娠期は、ちょっとした外出でも日焼け止めを欠かさないようにしましょう。

日傘や、UVカット仕様の帽子やストールも上手に活用してください。

妊婦の暑さ対策10選!火照りに悩んだ私の体験談とおすすめグッズ妊娠中に猛暑を乗り切るための暑さ対策について解説します。妊婦さんにとって、夏日の外出や通勤は心身ともに負担が大きいものです。夏バテ・脱水症状・熱中症に陥らないために実践できることは何か、おすすめのアイテムや体験談も交えながら紹介します。...

敏感肌用のコスメ

妊娠すると、肌質の変化を感じる妊婦さんも多いようです。肌への直接的な影響を持つスキンケア用品や化粧品、ボディソープなども、普段使い慣れたものが突然合わなくなる可能性があります。

妊娠中は、刺激の少ない敏感肌用のものを使うといいでしょう。

産前産後の女性にぴったりの基礎化粧品をまとめた記事もあります。トライアルセットの詳細についても解説しているので、是非参考にしてください。

妊娠中〜産後の化粧水はどう選ぶ?おすすめのスキンケアまとめ妊娠中〜授乳中の乾燥肌・敏感肌に適した基礎化粧品は?各ブランドのトライアルセットを徹底比較し、おトクに購入する方法までまとめました。...

同じく、産前産後の女性におすすめのメイクアイテムはこちらを参考にしてください。

産後におすすめの化粧品!赤ちゃんにも安心のミネラルファンデーション妊娠中でも出産後でも安心して使えるおすすめのメイクアイテム=ミネラルコスメを厳選して紹介します。肌への負担が少ないだけでなく、赤ちゃんがいても心配なく使用できるミネラルコスメは、産前産後の女性の強い味方です。...

マイナートラブルの多い妊娠期ですが、日々の工夫で改善できることも少なからずあるでしょう。個人差が大きいものですが、貴重なマタニティライフを少しでも楽しめるようになれたらいいですね。

Mommy LIFE 運営
まいママ
ゆるっと育児中のママブロガー。結婚・妊娠・出産・子育てを通して学んだことを雑記ブログ【Mommy LIFE】にまとめています。食べることが大好き!家族で旅行に行くことを楽しみに、日々奮闘しています。
\ Follow me /